ネコ対策の方法あれこれ

  • ネコ対策の方法あれこれ

    • ネコの行動範囲は50m、100mと以外に狭いのです。

      その範囲で食べる場所やトイレ、寝床を探し行動します。
      ネコは場所に対する執着心が強く、追い払ってもまた戻って来てしまいます。


      効果的なネコ対策は、入って来るのを完全にふさぐ。
      この場所はいごごちが悪いと思わせるなどです。



      お店などで売られているネコ対策グッズにはどんなものがあるのかというと、赤外線でネコを感知し超音波とLEDライフラッシュライトで撃退するグッズです。
      据え置きやかべかけの2種類あります。

      NAVERまとめの情報をお知らせします。

      次に忌避剤、ネコの嫌いな臭いや刺激の強い臭いによってネコを近ずけなくする方法です。
      雨などでだんだんと臭いが薄れてきてしまうので、定期的に交換してください。
      また、ネコの方もその臭いに慣れてしまうので種類を変えるなどしましょう。
      ほかには木酢や竹酢、園芸用の肥料として販売されています。
      希釈し、ネコが来る場所に散布します。これも時間がたつにつれ臭いが薄れてくるので散布を続ける必要があります。



      生にんにく、細かく刻みネットにいれ吊るします。

      また、ネコは柑橘類の臭いが嫌いなので、柑橘類の皮を撒きます。
      ネコ対策をする場合に注意が必要な設置場所があります。
      人が怪我をすることないような場所に設置してください。

      例えばテグス、釣糸などのテグスがネコの足などに引っ掛かる高さに侵入ぐちに張る。


      針金、ネコが通る塀の上に沿って10センチくらいの高さに針金を張るなどです。

      よく水をいれたペットボトルを置いている方もいますが、火災の原因になる可能性があるのでやめましょう。

  • 大事な生活の事

    • 春は動物や虫が活発に動く時期ですが、この時期において注意しなければならない生き物がいます。それがネコであり、家で飼われている猫ではなく何らかの理由で飼い主から手を離れて野生化した野良ネコです。...

  • 生活が気になる方

    • あなたの家に、ねずみが出たことはありますか。ねずみは、家庭にでるものとしてはとても大きいものです。...

  • 身に付けよう

    • 住宅において、ねずみの侵入を許してしまうとかなり厄介なことになります。物をかじり、走り回り、糞などをあちこちにしてしまうため、かじられることでの被害、室内だけでなく屋根裏などを走り回られた場合には、騒音被害、また、糞などは臭いなどの被害がでてしまいます。...

  • 納得の知識

    • 屋根裏などでもねずみが侵入してくることがあります。夜になると走りまわったり、かじる音などで人に対して騒音被害などがでることもあり、自宅内でそのようなことが起きるとストレスが溜まってしまうことでしょう。...

top