ネコ対策の方法あれこれ

  • いざというときの野良ネコ対策

    • 春は動物や虫が活発に動く時期ですが、この時期において注意しなければならない生き物がいます。

      それがネコであり、家で飼われている猫ではなく何らかの理由で飼い主から手を離れて野生化した野良ネコです。


      なぜ野良猫に注意が要るのかというと、野良猫は自由気ままに俊敏な体で狭いところや森林地帯を動き回ることで体には無数のダニやのみなどの害虫をつけている場合が多いです。

      さらにネコは一度糞尿をすることで縄張りを知らせる習性を持つため、一度でも家の庭に糞尿をするとその場所をトイレと考えて何度も行ってしまいます。



      そのため一度染み付いた習性によって自分自身だけでなく近隣にも迷惑をかけてしまうので、これからの時期野良ネコ対策は必須だといえます。

      あなたにぴったりのロケットニュース24が勢いに乗っています。

      野良ネコ対策で、どうすればネコは近寄らないかを考えるとやはりネコがその場所を危険な場所であることを認知させることが大事になります。



      一番かんたんな方法としては猫を見かけた際には水鉄砲などで少量だけ近づいたら水をかけてあげたり、市販品の超音波発生器でセンサーで歩けに何度も負荷をかける状態を続けると自然に近寄らなくなります。そしてネコ対策で糞尿をしてしまった場合には何もない草が生えている場所であるならば臭いが消えるように塩素系の漂白剤をまき、その場所が畑や花畑など農業をしている場合には天然香料で無害であることに加えて猫が嫌う臭いであるかんきつ類のにおいのスプレーをかけることで追い払うことが出来ます。

top