ダンススクールについて

音楽専門学校におけるインターン制度で就職

音楽専門学校に通学する方々の動機というのは人それぞれ大きく異なります。

プロになりたいと考えている方が居る一方で、業界に入り何らかの立場で働きたいと考えている方も居ます。数ある進路の中で音楽専門学校という選択肢を選ぶのは、独学には存在しないメリットがあるためです。音楽に携わってお仕事をしていくという場合は、どのような形態であっても様々なスキルや知識を持ち合わせている事は必須です。専門性が高い上に、感性も大きく関係するためインターネットや書物を用いても知識を得る事は困難で、指導員から直接的に学ぶ事に越したことはありません。

歌手や楽器を演奏するといった事は、特に感性により左右されるので座学でプロの腕前になる事は不可能です。そして、指導員の多くは普段スタジオなどで録音作業に携わっているプロのミュージシャンです。いわゆる二足のわらじを履いている状態なので、指導員を介する事で業界に足を踏み入れるきっかけができるという可能性は十分にあるのです。

しかも、音楽専門学校としても就職率を高めたり優秀な人材を業界に投入させるという意味合いから、業界と学生の接点を数多く用意しているのです。また、音楽専門学校は就職希望者を中心に一定期間提携している企業で働くという制度を導入している事もあります。刻々と変化する音楽の業界で活動することにより、学校では学べない事を学べます。卒業後は、インターン制度を利用した企業にそのまま入社するというケースも珍しくありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *