ダンススクールについて

個性的な人材が音楽専門学校に不向きな理由

音楽が好きで自分で演奏する機会も多いという方は、必ず音楽専門学校に進学すべきか迷うタイミングがあります。

答えを導き出す事が難しい悩みではあるものの、参考にする事ができる一つの情報があります。それは、プロの中でも特にレベルの高い人材を目指すのであれば、音楽専門学校に進学すべきではないということです。極めてレベルが高い人材を目指すつもりではなく、音楽に携わる事ができるお仕事に従事する事ができれば良いとい考えの場合は進学すべきでしょう。

このような判断基準が設けられているのは、音楽というものは感性が大きく関係している分野であるためです。感性が大きく左右する世界だからこそ、大勢の人々と共に同一の事柄を学んでいると技術力と知識が平均的なもので収まってしまうのです。人とは異なる個性を有していたとしても、個性は消失してしまう可能性が高いです。

つまり、大勢の人々とは明らかに異なる魅力的な個性を持っている方は音楽専門学校に通うよりも、荷物片手に世界を歩き回る方がより一層魅力を増幅させることができます。音楽業界を見渡してみると理解することができるように、第一線で活躍することができている方というのは、強い個性を有している方々ばかりで、音楽専門学校に通っていたという経歴を持つ方は多くありません。ただし、現在人よりも秀でている点が無いものの将来音楽に関与するお仕事を行いたいという考えを持っているのなら音楽専門学校に行くべきでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *