ダンススクールについて

音大よりも将来性がある音楽専門学校

音楽専門学校における学生生活は、比較的特殊である事からあまり実態が把握されていないという特徴があります。

そこで、理解しておくべき事は音楽専門学校では作曲など他の学校とは大きく異る専門性の高い事柄を学ぶという点です。音楽が好きで自分自身もミュージシャンのように作曲活動を行いたいという希望を持っていたり、アーティストになりたいと考えているのなら音楽専門学校で作曲について学ぶ必要があります。作曲はフィーリングであると捉えられる事が多いのですが、素人はやはり理論から学ばなければなりません。

理論を学ぶことで作曲について基礎を固める事ができ、より良い曲を生み出す事ができるようになります。音大との違いがわからないという方が多いのも事実ですが、音大というのはピアニストやヴァイオリニスト、フルート奏者といったオーケストラに携わる人材を育成するための機関です。世界を視野に入れた活動を行う事が前提となっている場合が多く、専門学校に比べると生まれつきの才能がある方が通う学校というイメージです。

一方、音楽専門学校はアニメで用いられている主題歌を題材にしたり、ゲームで用いられている音楽を題材にする事もあるため、比較的カジュアルな印象です。そして、音楽専門学校が音大とは異なるのは就職の間口が広い事です。専門学校では、楽器の演奏者になれなかったとしても音響関係のお仕事などいわゆる裏方として活躍するチャンスが得られます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *