ダンススクールについて

資格スクールというのがあります

資格スクールとは各種の資格取得のための受験対策を教える学校や予備校のことを言います。

例えば資格スクールで簿記の場合は企業の取引内容を計算したり記録や管理を行う内容のもので経理関連の内容が読み込めるようになります。ファイナンシャルプランナーという講座があります。これは金融商品や不動産と税金や株式、年金、ローン、保険などの幅広い知識を身につけて将来的には専門家として試算のプランニングや生活設計の実現に向けて依頼者の相談に乗ったりします。

税理士は官公署に提出する確定申告や青色申告などをの申請業務の書類を作成したり代理を行ったり、所得金額に対する税額の計算を行ったり、相談に応じることなどを業務内容とする資格です。宅地建物取引主任という資格があり、土地や建物、賃貸物件等の取引には重要事項の説明を行うためにこれを置くことに法律で決められています。その他にも従業員として管理業務を行ったり、金融業界や飲食業界、あるいは通信会社等においても支店の展開で物件情報が必要となるためにこの資格を必要とする場合が多くなって来ています。

行政書士は行政機関へ提出する書類の専門家です。法律の知識やトラブルを避けるためにこの資格を取得するケースも増えて来ています。司法書士は不動産登記や商業登記で法務局や裁判所、あるいは検察庁などに申請書類の作成を行ったりその代理業務を行うことのできる資格です。研修や考査による認定後は簡易裁判所などで弁護活動を行うことも可能です。スクールはこれらの国家資格や民間資格を目指す人に対して通信講座や教室での講義、あるいはDVDや動画媒体を利用することでその合格者を世に送り出してします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *