ダンススクールについて

ボイストレーニングで歌がうまくなろう

自分は歌が下手だときめつけては楽しくみんなとカラオケで歌うことができません。

ボイストレーニングで歌が上手くなるように練習します。「門前の小僧習わぬ経をよむ」のことわざがあります。平生見聞きして慣れていれば、知らず知らずのうちにそれを学び知るようになります。ボイストレーニングも練習をつむことで、知らず知らずのうちに歌の基本を学びうまくなります。プロを目指す人は教室に通い学んでいます。歌が嫌いになる前に、好きな歌をたくさん覚え、自信を持ってカラオケで披露できるようにします。

ボイストレーニングはスポーツに似ています。運動をやる前に準備運動をします。ボイストレーニングでもトレーニングにとりかかる前にストレッチをします。これは基本中の基本です。プロの歌手とは違います。プロは意識しないでも上手く歌うことができますが、素人は基本をしっかりマスターすることが上達する早道です。簡単なストレッチは首を左右、前後に倒す。首を回す。それぞれ5回位繰り返します。首の横の筋肉をもみほぐします。

顔の頬骨のあたりをマッサージします。手を組んで、身体を思いっきり上に伸ばす、背中の運動をします。大切なことは息を吐きながらやることです。ストレッチの次は声を腹から出す練習です。自分が一番出しやすい高さの声を10秒間出し続ける練習を繰り返します。だんだん長くします。腹式練習を何回もやることが大切です。それから歌の反復練習に入ります。ボイストレーニングの基本をしっかり身に着けることが歌が上手くなる早道です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *