ダンススクールについて

ボイストレーニングに通う必要性

タレントやアナウンサー、歌手などの下積み時代や、下手をすれば仕事を行いながらも通っているボイストレーニングですが、もちろん一般の音楽好きや演劇好きにも門戸を開いています。

街の音楽教室から、プロダクションが主宰するボイストレーニングレッスンまでレベルやスタイルもさまざまですが、アマチュアバンドマンやボーカリストが通う必要性やメリットにはどんなものがあるでしょうか。まずは、腹式呼吸です。アマチュアの方の多くは喉で歌っていたり、腹式呼吸をうまく使えてなかったり、と喉や身体を酷使しているケースが非常に多いです。

腹式呼吸の習得はもちろん、地声の混ぜ方や、ミックスボイスやファルセットに発展させたりとあらゆる基礎となるため、みっちり鍛えることで歌声が格段に変わります。次に、発音です。これはナレーションやアナウンスの仕事に属する方にも必要なものですが、サ行やイ段の発音、パ行の炸裂音のおさえ方、リップノイズの抑え方まで、たくさん覚えることがあります。

また、英語の発音もしっかり学ばなければ、洋楽のカバーはいつまでたってもカタカナ英語にしか聴こえません。そして、テクニックを駆使しながらも音楽的に楽曲を見渡して、それぞれのスタイルで歌い上げる方法をレクチャーすることです。カラオケが上手い、歌が上手い、はある程度までは独学で可能ですが、歌で感動するというレベルまで到達するためにはボイストレーニングによる訓練が必要不可欠です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *