ダンススクールについて

ボイストレーニングを活用して歌が3倍上手くなる方法

司会者やアナウンサーや俳優など、歌だけではなく幅広い要求に応じて存在するのがボイストレーニングです。

英語の発音や、滑舌に関しては特に歌手やボーカリストだけでなくても、声を発する仕事や作業には欠かせない重要なファクターです。そんなボイストレーニングに、ただダラダラと通うのではなく上手に活用することにより2倍も3倍も上手くなりましょう。まずは日常の会話も腹式呼吸を意識してください。あまり声を出してはいけない環境ではなかなか実行できないですが、しっかり通る声で話す、ということだけで凄く訓練になります。

また、口の中での響きも意識しましょう。のどを開いた声、閉じた声というのは日常会話でもやはり聞き取りやすさに関係してきます。年配の方に声をかける時は特に開いた声を使い、小さな声でも届くようになれば、かなり身に付いていると言えるでしょう。次に、色んなイベントに通って下さい。さまざまな声を出す人が集まる中で、MCと呼ばれる人の声の大きさが際立つことと思います。これは、マイクの音量だけでなく、発生とマイキングによるものです。

声の乗り方は、マイクの指向性を把握することでかなり変化します。当然、実際に自分でもマイクに乗せて試してみましょう。ボイストレーニングのレッスンに戻ってきた際に、マイクへの乗せ方を実践したり、先生に相談しましょう。こういった、観察や自らの実践をレッスンの合間に挟む、という行為は非常に大切です。あと、可能であるならば録音をしてください。普段の個人練習やバンド練習、そして先生の許可が必要ですがレッスン時もです。聴き返した分だけ上手くなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *