ダンススクールについて

翻訳サービスという仕事

翻訳サービスの仕事というのは、文字通りある言語で書かれた文書を別の言語に翻訳することです。

日本で仕事をする限りは、日本語から外国語に翻訳するか、あるいは外国語から日本語に翻訳するかのどちらかが一般的です。このような翻訳サービスの仕事というと、思い浮かべるのは海外の文学作品の和訳ということかもしれません。確かに、書店に行けば多くの海外文学作品が日本語に翻訳されて本棚に並べられています。このように海外の作品であっても手軽に日本語で読めるのは翻訳サービスの仕事をしてくれている人がいるからに他なりません。

また、ビジネス書などの実用書であればともかく、文学作品であれば翻訳後の日本語にしてもいわゆる格調の高さが求められる場合もあります。原文の雰囲気をできるだけ日本語でも出せるようにという試みです。一方で、最近仕事として増えているのはこのような書籍の翻訳ではなく、一般の企業、官公庁、大学などが顧客となるもので、そこで使われている業務上の文書を翻訳するものです。

昨今ではありとあらゆる領域でグローバル化が進んでおり、日本語で書かれた文書を読んでいるだけでは世の中の動きについていけなくなっていることが多くなっていますし、日本語で書かれた文書であっても積極的に海外に発信していかなければならない場合が多くなっています。かといってそこまで語学に堪能である人はまだまだ限られているために、このような翻訳サービスの仕事が求められているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *