ダンススクールについて

翻訳会社の料金形態について

翻訳会社を利用する機会が多い場合には、いつも利用している会社に依頼するため、翻訳の仕事が発生した時には特別費用面において考慮せずに発注するケースは多いと言えましょう。

しかし、費用が安いのか否かを定期的に見極めておくことは経費の節減に繋がりますし、翻訳品質が良くて費用が安い翻訳会社もあるかもしれない、こうしたことを考えておく事は大切です。但し、翻訳の世界には翻訳者の癖と言うものがあるため、今まで使っていた所を止めて、新しい会社に発注することが難しいと考える人も大勢いるわけです。

特に、前回翻訳した一部を流用する時などは、言い回しなどが変わってしまうなどからも、前回と同じ会社に発注をかけることも少なくありません。そのため、流用時はいつもの会社、新規に翻訳の依頼をする時は新しい会社などのように使い分けている企業も増えています。翻訳会社の料金形態は大きく分けると2タイプがあります。1つはA4サイズのページ単位で料金設定が行われているケースです。

この場合、1ページに1行しかない時でも1ページとして換算されるのが特徴で、1ページに文章がぎっしりと詰まっているものと、1行しかないものでは同じ金額になります。もう一つは、1ワード単位で料金設定が行われているものです。この場合は、A4サイズ1ページに1行しかない場合でも、ワード単位で換算が行われますので、翻訳料金はページ単位よりも安くなるわけです。翻訳会社を探す時には、料金形態についての確認も重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *